Menu
富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック

老眼も治療できる白内障手術
(多焦点眼内レンズ)

老眼の先進医療

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)
  - 生命保険の先進医療特約で負担がありません -

1.先進医療 多焦点眼内レンズを用いる白内障手術ー手術は通常と同じ日帰り手術ー

これまでの白内障手術は、眼の中の濁ったレンズを取り出し、代わりにきれいな人工レンズを入れ、視力の低下を補う手術が中心でした。 しかし、ここ数年、特に加齢に伴う老眼・老視も同時に解決できないかとのご要望やご相談が多くなってきました。そこで注目されるようになったのは、特殊なレンズを用いる『多焦点眼内レンズ』を用いた手術です。

もちろん高度な設備を用い、白内障手術に熟練した眼科医の手術精度が強く要求されるものです。この手術ができるのは、厚生労働省認定の先進医療実施医療機関だけです。 多焦点眼内レンズによる白内障手術とは、従来と同じ方法で手術を行いますが、入れるレンズを特殊なレンズにすることにより、老眼をなおす手術となります。 しかし、多焦点眼内レンズの手術はレンズを正確に固定しなければなりません。

手術精度が通常より高いものが要求されるため、高度な設備を必要とし、白内障手術に熟練した眼科医が行わなけれななりません。

2. 多焦点眼内レンズを用いると…

(1)従来のレンズは焦点をひとつの距離にのみ合わせるため、近くは見やすいが遠く見えない、あるいは、遠くが見えても近くは見えないということが生じます。しかし、多焦点レンズでは、遠くも見えて近く見えやすいという利点がございます。

(2)厳密には若いときと同じような見え方とはなりませんが、多くの場合、眼鏡なしででも生活ができるようになります。

ただし、この多焦点レンズが適さない場合があります。

3. 多焦点眼内レンズを用いると…

通常の白内障手術の見え方


従来のレンズ 焦点を1つの距離のみにあわせる。
例 a)近くが見やすい場合、遠くが見えない。
  b)遠くが見える場合、近くが見えない。
なお、乱視があった場合はどちらもかすむ場合があります

多焦点眼内レンズの白内障手術の見え方


多焦点レンズ 遠距離と近距離の2つの焦点がある
そのため、遠くも見えて、近くも見やすい
メガネでも通常のレンズと遠近のレンズで違いがあるように、白内障手術でも多焦点レンズには長所と欠点があります。

 

4. 多焦点眼内レンズの長所 -メガネなしで遠くも近くも見える-

・遠くも近くも見え、多くの場合、眼鏡なしで生活ができます。

・通常の白内障手術とまったく同じ方法です。

・当院は厚生労働省認定の先進医療施設のため、民間の生命保険会社の先進医療特約の方は手術金額が後日、保険会社から支払われます。

5. 多焦点眼内レンズの欠点 -厳密には若いときには戻れない

・先進医療特約がない生命保険、民間の生命保険の給付がない場合高額である。

・夜間の運転などが多い方は不向きなレンズがあります(光が反射したり、にじんで見える場合があります)
ただし3-6ヶ月で落ち着くことが多いといわれています。

・通常の白内障手術よりもやや解像度が弱いため、見えにくさを感じる場合があります。

・遠近の2焦点に特に特化した遠近両用レンズのため、若いときの見え方とは違います。 最近発売された多焦点眼内レンズ(シンフォニー)は上記の欠点が修正されたレンズです。

6. 多焦点眼内レンズが適さない方

・夜間の運転などが多い方

・乱視が強い人・特殊な乱視がある場合

・黄斑・網膜疾患がある場合

     

7. 多焦点眼内レンズの種類

  健康保険適応 先進医療
  単焦点眼内レンズ 多焦点眼内レンズ
レンズ名 (遠くにピント合わせた場合) テクニスマルチ  IQ レストア アイシー シンフォニー
タイプ   回折型 回折型 屈折型 回折型
見え方          
遠く ★★★★★★ ★★★★ ★★★★ ★★★★★★ ★★★★★
中間 ★★ ★★★ ★★★ ★★★★ ★★★★★
近方 ★★★★
(~★★)
★★★★ ★★ ★★★
乱視
矯正
★★★★ ★★★★
夜間
運転
★★★★★ ★★★ ★★★ ★★ ★★★★
特徴 通常の健康保険適応 遠方と近方の2点にピント合わせたレンズ 遠方と近方の2点にピント合わせたレンズ 遠くと中間の見え方がよいレンズ(ゴルフが好きな方など) 新型のレンズ 遠くから近くまで見え方のバランスがいい
  近くにピント合わせることも可能 その場合遠くは眼鏡が必要 近くの見え方を3種類のレンズで選択可能      
生命保険

先進医療
特約
対応
  対応 対応 対応 対応

7. 料金 -片目50 0,000〜(非課税)- 生命保険で負担なし

平成29年発売・最新の白内障手術機械 ホワイトスターシグネチャPROシステムを先進医療を行うために新たに導入いたしました。前の世代の手術機器よりも、今回導入した機器のほうが眼に負担が少なく、安全性が高いものです。

また、当院では手術に使用する機器、手術顕微鏡、手術精度・結果に影響する検査機器、レンズなどの材料などは最高のものを使用しております。治療料金が高額となるのはご了承ください。また乱視が強い方も下記の設備を最大限に利用して手術をしております。

VERIONイメージガイドシステムとORA術中波面収差解析装置を、先進医療の多焦点眼内レンズ、乱視矯正用眼内レンズだけではなく通常の白内障手術にも原則使用しています。

生命保険先進医療特約加入の方は生命保険会社が料金を後日負担されることが一般です。 なお、生命保険会社への請求に不備がない場合、必要な書類が生命保険会社に到着した日の翌日からその日を含めて5営業日以内に支払われます。料金が高額なため、両眼の手術を希望される方は生命保険の支払いを考慮した日程を組みます。また、クレジットカードのお支払いも可能です。

当院は先進医療実施医療機関となっております。

先進医療についてこちら

8. 先進医療の支払い方法

以下からお支払い方法がお選びいただけます。 ただし、手術代金以外は保険診療となるため窓口にてのお支払いになります

  1. 1.窓口にて現金にてお支払い
  2. 2.窓口にてクレジットカードにてお支払い
  3. 『VISA』、『Master』、『JCB』、『AMEX』、『DINERS』がご利用いただけます。なお、一部を現金にてお支払いいただくことも可能です。
  4. 3.銀行振込

9. 手術までの流れ

手術対象かどうかの検査・術前検査

まずは白内障が存在するか、網膜の疾患など他の病気がないか、乱視の程度など判断します。そして、手術の可否と眼に適したレンズの種類と度数を判断します。

生命保険先進医療特約の有無のご確認

生命保険の先進医療特約を保険会社に確認していただきます。加入されている場合、手術当日もしくは翌日に生命保険会社に提出する先進医療の証明書を発行いたします。

手術代金のお支払い
(クレジットカード・現金・銀行振込)

まずは片目分の料金をお支払いいただきます。反対の眼の手術は、通常、翌週、もしくは2週間後に予定します。 クレジットカードと現金など複合した支払い方法も可能です。クレジットカードは『VISA』、『Master』、『JCB』、『AMEX』、『DINERS』がご利用いただけます。

手術

翌日以降、術後診察を行います。手術費用以外の検査、処置、薬剤等は通常の保険証を用いた保険診療となります。

生命保険会社からの保険金給付 (先進医療特約加入の方)

先進医療特約加入の方は生命保険会社からの保険金給付が受けられます。両目の手術となると高額となるため、早く給付をうけるために片目の手術終了毎に生命保険の証明書は用意いたします。なお先進医療施設と認定されていない場合は先進医療特約の保険金は支払われません。

10. Q&A

  • Q.片目だけでも手術でも可能ですか?
  • A. 手術は可能です。反対の眼の状態によっては適さない場合もあり、検査にて判断します。
  • Q. すでに片目は通常の白内障手術を受けています。今回、反対の眼に多焦点眼内レンズの白内障手術は可能ですか?
  • A. 基本的は可能ですが、すでに手術されている目の状態によっては遠くを見るための眼鏡が必要な場合があります。 しかし、遠近両用眼鏡は必要なくなる場合があります。遠近両用眼鏡と相性がよくない方は意外と多いため、有用と思われます。
  • Q.他の医療施設にある海外の多焦点眼内レンズの手術は可能ですか?
  • A.海外から輸入したレンズを使用する手術はしておりません。以前より日本で実績のある、そして、できるだけ患者さんの金銭負担が少ない先進医療として厚生労働省の認可を受けているレンズのみ現時点では使用しています。
    (将来、海外メーカーのもの自信を持って提供できる時期がきましたら行うかもしれません)
生命保険の先進医療特約とは?
  • 当院は、県内でまだ少ない先進医療認定施設に厚生労働省から指定されています。