Menu
富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック 富山県富山市上大久保306-6 しのだ眼科クリニック

ORA術中波面収差解析装置

NEWS!

最新の白内障手術方法
白内障手術は濁ったレンズ(白内障)を透明な人工レンズに交換する手術です。単に手術をするだけではなく、可能な限り近視や遠視、乱視をなくし、できるだけ良好な裸眼視力を得るために、特殊な医療機器を導入しました。特に老眼治療の多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(先進医療)や乱視矯正の白内障手術に有用です。

●最新の白内障手術機器 -ORA術中波面収差解析装置-
1. 手術中に"眼の状態の分析”
2. 術中にインターネットにより"全世界のデータベースへアクセス”
3. 最適な眼内レンズの種類と度数の決定

を行います。その結果、”近視・遠視・乱視の矯正”が行われ、最適な見え方を提供します。
また、同時にVERIONイメージガイドシステムも用いて最適な見え方になるように手術をしています。

最新の手術は術中に検査を行い、最適な見え方に

白内障治療のため最新の技術と機器を導入し、最大限の医療を行います。 最新機器の導入により、従来とは違う現時点で考えられる最高の見え方を提供いたします。

特に老眼治療の多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(先進医療)や乱視矯正の白内障手術では裸眼視力を最大限に回復するために現時点では最高のものをそろえていると思っております。

しのだ眼科クリニックとして、 これからの白内障手術で最も重要だと考えるのは、 術後に患者様の理想の見え方を提供することだと考えます。医療費の問題もあり厚生労働省は医療費として評価してもらえませんが、最高の医療を提供するため最新の機器を導入しました。

ORA術中波面収差解析装置で通常の白内障手術よりも上質の見え方を提供します。

白内障手術では前もって眼内レンズの度数を決めて手術に臨みます。しかし、手術により眼の状態が変化するため、一定の確率で想定していた見え方と違う結果になることがあります。

ORAは手術中、それもレンズを入れる直前の眼の状態に眼の状態を解析し、その解析結果をインターネットでデータベースに送信し、最適な眼内レンズの種類、度数の結果が数秒で提示されます。

また、乱視用レンズを使用した場合に眼に入れたレンズの向き・位置などにより乱視の改善程度が変化しますが、リアルタイムでその乱視を確認することができます。そのため、ORAを使用しない場合に比べ、よりより良い見え方になります。

VERIONイメージガイドシステムも併用することにより、最適な視力が回復するよう治療を行っています。

白内障手術の模式図

  • 1.まずメスで眼に切開を入れる。
    1.まずメスで眼に切開を入れる。
  • 2.水晶体を分割して取り除く
    2.水晶体を分割して取り除
  • 3.人工レンズを眼に入れる
    3.人工レンズを眼に入れる

しのだ眼科クリニックがORAを導入した理由

従来の白内障手術は手術前の検査によって決定したレンズと白内障を交換する手術です。 しかし、手術前より、手術中に測定したデータがより正確です。データにずれがあれば想定した見え方と違う結果が生じます。

ORAを導入した理由 その1 正確なレンズの決定のために

ORAを導入した理由 その2 できるだけ乱視を治すために

しのだ眼科クリニックがVERIONとORAを導入した理由

従来の手術は経験に基づく目分量でおこなうやや不安定な手術です。 しかし、VERIONとORAにより正確性のある手術となります。

VERIONとORAを利用した手術

VERIONとORAのガイドあります。絵にタッチしてください。手術の工程の大半にVERIONとORAが関与します。 

VERIONイメージガイドシステムとORA術中波面収差解析装置を、先進医療の多焦点眼内レンズ、乱視矯正用眼内レンズだけではなく通常の白内障手術にも原則使用しています。