富山市 しのだ眼科クリニック(病院・医院)ドライアイ

しのだ眼科クリニック

1. ドライアイとはどういう病気?

ドライアイは、涙の量や質が変化して、目の表面に障害が生じる疾患です。

目の角膜や結膜は常に涙で覆われて保護されています。しかしドライアイになると、保護する涙が少ない状態になるため、小さな傷が角膜や結膜に傷がついてしまいます。傷がつくと、様々な症状がおこります。

2. ドライアイの症状

ドライアイは、目が疲れる、ごろごろする、目があけにくい、充血する、かゆい、まぶしい、など「乾く」以外の不快な症状を引き起こします。

そのため、自分がドライアイと感じていないことが多いです。疲れ目の患者の約60%はドライアイといわれています。ドライアイは乾燥した環境、冬やエアコンの効いた部屋、まばたきが少ない状況(パソコンやテレビ、読書など集中してものを見ているとき)、コンタクトレンズの装用者、高齢者に多くみられます。

3. ドライアイの検査

視カ検査などの検査のほか、涙の量や質がどのような状態にあるかを検査します。まず、角膜と結膜の傷を確認します。そして、涙の量と、涙が乾燥しやすいかどうかを見ます。まぶたの状態も確認します。また、試験紙をまぶたに5分入れ、涙で濡れた長さをはかり、涙の分泌を確認します。

4. ドライアイの治療

1.点眼薬

眼科では、涙にうるおいを与える点眼薬や、眼の障害を治す点眼薬が 処方され、ほとんどの人はこの点眼薬で改善できます。

2.簡単な処置(涙点プラグ)で涙の流出を防ぎます。

5. 涙点プラグ

涙はまぶたの外側にある涙腺でつくられ、涙点という鼻側の上と下の2箇所の出口から鼻の方へ流れていきます。 この涙点に「涙点プラグ」を挿入し、涙の流出口をふさぐことにより涙を目の表面に貯めて、ドライアイの不快感を軽減することが可能です。

また、今までコンタクトレンズの装用できなかった方も、装用が可能になるようになる場合が多いです。 プラグの挿入は外来で、痛みもなく数分で終わります。

涙点プラグは、1割負担で約1,200円 3割負担で約3,600円
ドライアイでの涙点プラグの挿入イラスト

しのだ眼科クリニックQRコード

富山市 内科・循環器内科
しのだクリニック

しのだ眼科クリニック(富山市眼科)
富山県富山市上大久保306−6
TEL 076−468−7333
院長 日本眼科学会認定
眼科専門医 篠田和男(富山市)
日本眼科学会認定 眼科専門医(富山県)

accessmap

大沢野コンタクトレンズ

しのだ眼科クリニック (富山市)
の紹介先病院
富山市民病院(富山市)、富山県立中央病院(富山市)、富山大学付属病院(富山市) 富山赤十字病院(富山市)、済生会富山病院(富山市)、金沢大学付属病院(金沢市) その他富山市 内外の医療機関等(眼科、その他診療科)