富山市 しのだ眼科クリニック(病院・医院)弱視

しのだ眼科クリニック

1. 弱視

赤ちゃんは生まれた当初は視力が低く、毎日ものを見ることによって、視力が発達します。ところが、視力を発達させなければならない時期によく見えていないと、視力の発達が抑えられます。その状態を弱視といいます。


2. 弱視の原因

  • 強度の遠視・近視・乱視がある場合、または度数に左右差がある場合。
  • 斜視があるため、片方の眼が正面の目標を見ているにも関わらず、もう片方の眼が目標と違う方向を向いている場合。
  • 先天白内障や眼瞼下垂などの病気や、眼帯などでものを見る訓練ができていない場合。

3. 弱視の治療

6〜7歳くらいまでに弱視と発見できれば回復が可能な場合が多いです。強度の遠視・近視・乱視がある場合は、眼鏡を装用して見ることによって、視力の成長を促します。また、左右の視力に差がある場合は、視力が良い方の眼をアイパッチ(大きな絆創膏)で隠すことにより、悪い方の眼を使わせて視力の発達を促します。斜視に伴う弱視の場合、先天白内障や眼瞼下垂などが原因の場合には、必要に応じてその治療を行います。

4. 弱視治療の眼鏡(メガネ)はいつまで必要?

弱視治療を克服して視力が発達し、裸眼でよく見えて疲れない場合は、眼鏡をしなくてもよくなります。ただし、遠視があり、内斜視がある場合は続けなければいけないことが多いです。

しのだ眼科クリニックQRコード

富山市 内科・循環器内科
しのだクリニック

しのだ眼科クリニック(富山市眼科)
富山県富山市上大久保306−6
TEL 076−468−7333
院長 日本眼科学会認定
眼科専門医 篠田和男(富山市)
日本眼科学会認定 眼科専門医(富山県)

accessmap

大沢野コンタクトレンズ

しのだ眼科クリニック (富山市)
の紹介先病院
富山市民病院(富山市)、富山県立中央病院(富山市)、富山大学付属病院(富山市) 富山赤十字病院(富山市)、済生会富山病院(富山市)、金沢大学付属病院(金沢市) その他富山市 内外の医療機関等(眼科、その他診療科)