富山市 しのだ眼科クリニック(病院・医院)緑内障レーザー(SLT)

しのだ眼科クリニック

1. 緑内障レーザー(SLT)

緑内障の治療は、まず点眼薬を処方して眼圧をさげます。それでも視野が悪化すれば2剤目、3剤目の点眼薬を処方し、それでも視野の悪化が進行するならば手術を行います。しかし、手術は合併症が起こりやすいため、手術以外の治療法が期待されていました。
そこで当院では、点眼のみでは緑内障の悪化が防げない方、妊娠や点眼の副作用のため点眼治療の継続が難しい方、点眼を忘れてしまう方に外来で簡単に行え、痛みもない最新治療であるSLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)を導入いたしました。

2. SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)とは

緑内障の原因の一つは眼の中の水(房水)の出口である線維柱帯が詰まることにより房水の排泄が悪くなり、眼圧が上昇するとされています。

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術、緑内障)

SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術、緑内障)この治療は特殊なレーザーで眼内の水(房水)の流出路である線維柱帯で水の流出の抵抗となっている色素細胞をレーザーで処理し、房水の流出を改善し、眼圧を下げるものです。


3. SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)の対象

眼圧が高い方に特に効果的です。しかし、眼圧が高くない正常眼圧緑内障の方も対象です。というのは正常眼圧緑内障の場合には、眼圧は正常範囲内にあっても視野の悪化を予防するためにさらに眼圧を下げる必要があるからです。
SLTには副作用がほとんどないため、様々な人にSLTによる治療が可能であり、ときには初期治療として行われる場合もあります。

  1. 眼圧が高い方
  2. 正常眼圧緑内障でも眼圧を下げる必要がある方
  3. 緑内障の点眼による副作用で困っている方
  4. 妊娠・授乳中で点眼治療ができない女性の方
  5. 仕事などが不規則なため複数の点眼治療が困難な方
  6. 点眼を忘れてしまうことが多い方、毎日点眼することがつらい方
などの方が対象となります。
また、眼圧下降効果が薄れた場合は再びレーザー治療を行うことが可能です。


4. SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)の効果・目的

緑内障治療の点眼の数も影響ありますが、奏功した場合の眼圧下降幅は約2〜6oHgとされ、眼圧下降が成功するのは約60−80%です。また眼圧が高ければ高いほど効果があり、10mmHg以上低下する場合もあります。
SLTの効果は約1〜2ヵ月後に安定してきます。その結果、毎日していた点眼の数を減らしたり、視野の悪化を抑制したり、手術を避けたりすることを目的としています。

5. SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)の副作用

外来にて点眼麻酔を行い、10分程度で終わり、治療に伴う痛みはありません。治療後もすぐに通常の日常生活が可能です。
起こりうる合併症として、虹彩炎、眼圧上昇などがありますが、一時的なものでほとんど問題になりません。また、SLT後でも点眼治療や手術治療への影響もありません。

6. SLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)の費用

初診日、即日治療が可能です。特に予約の必要はありません。費用は片眼につき、

1割負担の方約10,000円/3割負担の方約30,000円

しのだ眼科クリニックQRコード

富山市 内科・循環器内科
しのだクリニック

しのだ眼科クリニック(富山市眼科)
富山県富山市上大久保306−6
TEL 076−468−7333
院長 日本眼科学会認定
眼科専門医 篠田和男(富山市)
日本眼科学会認定 眼科専門医(富山県)

accessmap

大沢野コンタクトレンズ

しのだ眼科クリニック (富山市)
の紹介先病院
富山市民病院(富山市)、富山県立中央病院(富山市)、富山大学付属病院(富山市) 富山赤十字病院(富山市)、済生会富山病院(富山市)、金沢大学付属病院(金沢市) その他富山市 内外の医療機関等(眼科、その他診療科)