老視・老眼ー近くのものを見るとき、ピントが合わないー

しのだ眼科クリニック

老眼の先進医療
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)
  - 生命保険の先進医療特約で負担がありません -

詳しくはこちらから



老視・老眼

  1. 老視の症状
    字が読みにくい、ピントが合いにくい
    老眼は加齢による症状で、40代から老眼の症状が出始め、老眼鏡が必要になります。
    老化現象のため、病気ではありません。
    老視の治療・対処法
    1)遠近用コンタクトレンズ
    2)メガネ
    3)多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

    見えにくいという症状があるため、病気の可能性もあり、検査が必要です。

1. 老視の症状とは

年齢とともにものを見るときにピントが合いにくいという症状などがでます。

例えば
近くのものを見るときにピントが合わない
ピントが合うまで時間がかかる
疲れやすい
最近、眼がかすむ
新聞をみる時は、少し離すと見える
スマホが見えにくい

などです。


老眼

2. 老視の原因

カメラでいうとレンズに当たる「水晶体」が眼の中にあります。
この水晶体を、近くを見るときには厚くし、遠くを見るときには薄くなり、これによってピントを合わせています。
若い時にはこの変化にピントを合わせることが出来ますが、加齢ともにピンの調節が困難になっていきます。

3. 老視の診察

老視は加齢によるものが一般的です。しかし、病気による症状のこともあり、検査が必要となります。


老眼の治療
老眼のコンタクトレンズ 現在、たくさんの遠近両用コンタクトレンズが販売されています。 これは1枚のコンタクトレンズの中に、遠くを見る部分と近くを見る部分が組み込まれているものです。40代以降でコンタクトレンズ経験がない方は装用が難しく、また見え方に満足されないこともよくあります。


遠近の白内障手術
遠近両用の人工レンズを用いた白内障手術で、白内障だけではなく老眼の治療が可能です。当院は厚生労働省認定の先進医療施設ですので、民間の生命保険会社で月数百円の先進医療特約をつけている方は手術代金は通常,全額保険会社負担となります。

老眼の先進医療
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)
  - 生命保険の先進医療特約で負担がありません -

詳しくはこちらから




同様に、通常の白内障手術では濁った水晶体を摘出して人工レンズを挿入します。この場合も老眼・老視となってしまします。

老眼のメガネ
老眼鏡には、用途に応じていろいろな種類があります。その人の生活によって、処方する老眼鏡は違ってきます。また、使い方にコツが必要で、うまく使いこなせない方もいます。


4.近視の人は老眼にならない?

実は老眼になります。
水晶体の変化は近視であっても同じように起こりますので、老眼は進行します。近視の人は眼鏡をかけない状態や弱い眼鏡しかかけていない場合、近くにピントがあっているので、老眼を感じないのです。
眼鏡をかけて遠くがよく見える状態だと、近くのものは見えにくいです。

しのだ眼科クリニックQRコード

富山市 内科・循環器内科
しのだクリニック

しのだ眼科クリニック(富山市眼科)
富山県富山市上大久保306−6
TEL 076−468−7333
院長 日本眼科学会認定
眼科専門医 篠田和男(富山市)
日本眼科学会認定 眼科専門医(富山県)

accessmap

大沢野コンタクトレンズ

しのだ眼科クリニック (富山市)
の紹介先病院
富山市民病院(富山市)、富山県立中央病院(富山市)、富山大学付属病院(富山市) 富山赤十字病院(富山市)、済生会富山病院(富山市)、金沢大学付属病院(金沢市) その他富山市 内外の医療機関等(眼科、その他診療科)