飛蚊症ー黒い点や虫のようなもの、糸くずが見えるー


飛蚊症

  1. 飛蚊症とは黒い点や虫のようなもの、糸くずが見える状態のことです。
    飛蚊症は眼の中の硝子体中に濁りが発生して見えることによって発生します。
    飛蚊症の原因
    生理的なものー病気ではなく年齢によるもの、自然発生によるもの
    出血や炎症など
    症状だけでは治療の必要性の有無がわからず、検査が必要です。

1. 飛蚊症とは?

飛蚊症の症状
黒い点や虫のようなもの、糸くず、または薄い雲のようなものが見え、目を動かすと、この濁りが動き回って見える症状を飛蚊症といいます。 特に、普段は気が付かなくても、白い壁を見たときに症状が多く発生します。
ほとんど場合は、治療が必要ではないものですが、まれに網膜剥離や出血などを伴っていることがあります。

飛蚊症事例

2. 生理的なものー生理的飛蚊症・後部硝子体剥離ー

加齢などにより病気を伴わず自然発生するものは治療の必要がありません。


3. 病的なものー網膜剥離や硝子体出血、炎症などー

病的なものが原因の場合、治療が必要となります。


網膜剥離による飛蚊症
網膜剥離の際に出る出血や網膜の成分が硝子体中に出てくることにより、その濁りが飛蚊症の原因となります。治療はレーザーや手術が必要です。


硝子体出血による飛蚊症
糖尿病、網膜静脈閉塞、高血圧、外傷などが原因で網膜から硝子体の中に出血することによって生じます。必要に応じて、治療はレーザーや手術が必要です。


ぶどう膜炎による飛蚊症
当一部のぶどう膜炎では硝子体に濁りを生じるため、飛蚊症を引き起こします。


4.飛蚊症の検査

眼底検査 眼底を直接検査をして出血や網膜剥離が発生していないか確認します。散瞳剤を用いて検査を行った場合、瞳孔が広がるため数時間まぶしい状態となります。


広角眼底写真-DAYTONA- 当院では網膜の端まで撮影できる特殊な眼底カメラ(広角眼底写真-DAYTONA-)を導入しています。

通常の眼底検査とこの眼底カメラの2者を利用して網膜剥離や出血の発生源を確認しています。

老眼の先進医療
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)
  - 生命保険の先進医療特約で負担がありません -

詳しくはこちらから


しのだ眼科クリニックQRコード

accessmap

より大きな地図で しのだ眼科クリニック を表示

富山市 内科・循環器内科
しのだクリニック

高岡市 歯科 かわふち歯科医院

大沢野コンタクトレンズ