富山市 しのだ眼科クリニック(病院・医院)広角眼底カメラ(DAYTONA)


NEWS!

  1. 新しいタイプの眼底撮影
    Optos社の広角眼底カメラ(DAYTONA)を導入しました。
    通常の眼底カメラより広角な撮影ができ、網膜の病状の把握が容易になりました。高額な医療機器などのため大学病院など少数の医療機関でしか日本ではまだ導入されておりません。
    広角眼底カメラ(DAYTONA)では以下の場合に有用です。
    初期の網膜剥離など通常のカメラでは撮影や発見が困難なとき
    糖尿病網膜症や眼底出血が広範囲に及ぶもの
    レーザーや手術したあとのの状態確認
    また、
    撮影は1回、約0.4秒で完了。患者さんの負担や苦痛を大幅に軽減します。
    画角200度、眼底の80%以上の領域を撮影できます。
    眼底の広範囲に及ぶ病気や通常の眼底カメラでは撮影できない病気の診断や治療方針に非常に有利です。

1. 通常の眼底カメラや眼底検査との違い

広角眼底カメラ(DAYTONA)

しのだ眼科クリニック

通常の眼底カメラでは一部しか撮影ができず、またフラッシュで撮影するためまぶしさを感じます。
広角眼底カメラ(DAYTONA)ではまぶしさがほとんどなく、また眼底の80%以上が撮影できるため、眼底の全体像を把握することに有用で、白内障のある方でも撮影可能です。

通常のカメラと広角眼底カメラの撮影範囲

しのだ眼科クリニック

通常の眼底カメラでは白い円の範囲までしか撮影できず、その外側の状態が把握が困難です。


2. 広角眼底カメラ(DAYTONA)を必要とする疾患

糖尿病・糖尿病性網膜症を指摘された方
当院では糖尿病・糖尿病性網膜症の方には眼底検査、眼底カメラ、広角眼底カメラ(DAYTONA)の3者とも使用しています。これらを組み合わせることにより、病状の把握が正確にできること、また、時間経過による変化が写真を比較することによって可能となります。

糖尿病網膜症

しのだ眼科クリニック


網膜剥離の経過観察、飛蚊症など網膜剥離が疑われる場合、

 網膜剥離は網膜の端から発生することが多く、通常の眼底カメラでは撮影が困難であり、広角撮影で病気の状態の確認、網膜剥離の初期の正確な診断ができます

網膜剥離

しのだ眼科クリニック

網膜剥離

しのだ眼科クリニック

通常の眼底カメラでは異常を認めません。しかし、広角眼底カメラでは網膜剥離が確認できます。

当院では飛蚊症を訴えている方は基本的に広角眼底カメラの撮影を行っています。


広範囲の網膜出血の経過を確認する場合

 網膜中心静脈閉塞症など広範囲の網膜出血は通常の眼底カメラでは部分的にしか撮影できません。しかし、広角眼底カメラでは病気の全体像の把握が可能となります。

網膜中心静脈閉塞症

しのだ眼科クリニック


老眼の先進医療
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)
  - 生命保険の先進医療特約で負担がありません -

詳しくはこちらから


しのだ眼科クリニックQRコード

accessmap

より大きな地図で しのだ眼科クリニック を表示

富山市 内科・循環器内科
しのだクリニック

高岡市 歯科 かわふち歯科医院

大沢野コンタクトレンズ