富山市 しのだ眼科クリニック(病院・医院)子供の近視と仮性近視

1.学校検診で「視力の要検査」の用紙をもらったら、

眼科での精密検査が必要です。

  • 眼鏡(メガネ)をかけて、視力がでるか確認します。
  • 近視・遠視・乱視の程度を確認します。
  • 斜視がないか確認します。
  • 他の眼の病気がないか確認します。
  • 眼鏡(メガネ)が必要か確認します。治療として眼鏡(メガネ)が必要な場合があります。
  • 近視の場合、希望があればコンタクトレンズを処方します。
  • 仮性近視であれば、点眼治療・訓練で視力が回復する可能性があります。
 

2. 近視と仮性近視

仮性近視通常、近視は、眼の奥行きが長くなることにより生じます。眼が伸びたら、短くなることはありません。 つまり近視は治りません。しかし、TVゲームなど近くの物を見ていると、水晶体の厚みを調節する筋肉が緊張して、近くにピントがあったままになってしまい遠くが見えない状態になることがあります。

この場合は近視が治る可能性があり、仮性近視と呼ばれています。ただし、仮性近視に否定的意見もあります。


3. 近視・仮性近視の検査

  • 裸眼(メガネなし)の視力を測定 
  • 機械による他覚的な屈折力(近視や遠視、乱視の度数)を測定 
  • 自覚的な矯正視力の測定(近視や遠視・乱視のメガネをかけて見やすくなるか 確認します)。
  • 斜視や他の病気の有無を確認します。
  • 仮性近視、調節緊張による近視、または遠視なのかを検査するために 目薬による検査を必要に応じておこないます。

4. 近視・仮性近視の治療

当院では子供の近視・仮性近視に対して以下の治療を行っています。

  • 点眼治療
    目薬により水晶体の厚みを調節する筋肉の緊張をとります。夜寝る前に1回だけ点眼と1日に3〜4回する点眼があります。
  • 望遠訓練
    器械の中の立体風景を眺めるだけで調節緊張を取り除きます。これにより、一時的な近視(仮性近視)にはかなりの効果が期待できます。 ※希望者には器械の貸し出しを行っています。
    (1)、(2)の治療を1〜2カ月続けても視力の改善がみられなければ、下記の治療となります。
  • 眼鏡(メガネ)
    黒板が見えにくい場合は眼鏡(メガネ)の作製となります。特に授業などに支障ない場合は経過観察となります。
  • コンタクトレンズ
    希望があれば、コンタクトレンズを処方します。また、ハードコンタクトレンズの装用が、近視の進行予防の効果があるとの報告があります。